水で美白!?水素水の驚くべき美白効果が話題に


名称未設定-1_03

近頃メディアで紹介されることが増えた「水素水」。もともとは医療分野で聞かれる名前でしたが、高い抗酸化作用があることから健康やアンチエイジングの分野でも注目を集めています。そしてこの水素水、いまでは美容の分野での新たな美肌製品として次々と開発が進んでいます。

もともとは、高い抗酸化作用やタンパク質の生成を促す効果などから医療分野で研究が重ねられ、パーキンソン病やアトピーなどの免疫系の病気に対してその効果が認められていきました。

さらに水素水の効果は多岐に渡り、高い抗酸化作用からアンチエイジングや美白効果などが期待されています。

今回は、そんな水素水を詳しく知るとともに、シミやくすみを沈静化させる水素水パックをご紹介します。

水素水とは

名称未設定-1_07

水素水とは、水の中に水素分子が豊富に含まれている水のことで、医学的には「水素豊富水」といいます。この水素の作用により、20種類以上の症状や疾患に効果的であるということが医学的な臨床の場で証明されています。

水素分子は大変小さく、ペットボトルや単層の金属では通り抜けてしまします。その小さな分子は数ある抗酸化成分の中でも最も小さいとされており、ビタミンEやポリフェノール、ビタミンCなど他の抗酸化成分が入り込めないような細胞の隅々にまで侵入します。

体内に蓄積されている活性酸素は、血液や細胞膜などあらゆる場所に存在しているため、分子の小さな抗酸化成分である水素分子が隅々に入り込み活性酸素と結合することで、無害な水として体外に排出することが可能となります。

水素水の美容効果

人の体は活性酸素による細胞の酸化によって老化していきます。もちろん女性の肌も例外ではなく、日々受ける紫外線やストレス、たばこや飲酒など、常に活性酸素は蓄積されています。

名称未設定-1_10

活性酸素は体内に侵入したウイルスを攻撃する役割を持っていますが、この活性酸素が増えすぎると体内の正常な細胞や遺伝子も攻撃してしまします。

このような活性酸素と結合し、水として体外に排出してくれる水素水は、美白効果やシワ防止、血行促進によって新陳代謝を促したりと美容業界でも注目を集めています。

そもそもシミやくすみの原因は、活性酸素と脂質の結合によって発生するメラニン色素が黒くなることにあります。メラニン色素が発生するには活性酸素が必要になるため、水素水の抗酸化成分である水素分子によって活性酸素が排出されれば、シミやくすみ、日焼けを根本から予防し、美白を促すことができます。

また、活性酸素が増加すると肌の奥のコラーゲンの生成が妨げられます。ターンオーバー周期が乱れ古いコラーゲンが蓄積されると、真皮内の水分の保持ができなくなり潤いやハリが失われ、肌表面にシワが発生します。水素水はこの活性酸素を抑制するだけでなく、結合して水に変わり、真皮の奥の水分となり肌にハリと潤いを与えます。

水素水パック

そんな美白効果やシミ予防にもなる水素水を、飲むだけではなくパックでより効果的に肌に浸透させます。やり方は簡単。水素水をコットンに浸して肌にパックするだけ!!

あまり長くやりすぎるとコットンが乾燥して肌の水分まで蒸発してしまうので、5〜7分コットンが乾かない程度にパックしてください。そのあとは保湿効果のある乳液を顔全体に塗って、肌の乾燥を防ぎます。

もともとの成分が水であるため、アレルギー体質の方や敏感肌の方にも安心してできるパックです。

水素水のその他の効果

ダイエット効果

水素水を体内に取り入れると、腸の細胞が潤い整腸作用があります。血管の細胞にも働きかけ血液がサラサラになるため、脂肪代謝を促し新陳代謝の向上によってダイエット効果があると言われています。

デトックス効果

日々の生活の中で溜まっていく老廃物は、体のむくみや肌トラブルの原因になります。代謝が落ちればその老廃物の排出機能も衰えてしまいます。水素水には体内の老廃物を排出する効果や新陳代謝を促進する効果があるため、体内のデットクスにも役立つのです。

まとめ

名称未設定-1_10

自宅に設置できる水素水機器など、医療関係だけではなく、健康や美容の効果的なアイテムとして最近メディアにも紹介されることが増えた水素水。

医学的な臨床の場でも、20以上の疾患や症状に効果的と証明された水素水の力は、その抗酸化成分にあります。

水素水の持つ抗酸化作用は美容業界でも大変注目されており、メラニンの生成を抑制しシミやくすみの予防や真皮の奥のコラーゲンの生成を促し水分を保持しシワを予防する効果などが期待されています。

またそれだけではなく、体内のデトックス効果やダイエット効果など、これからの季節に嬉しい効果が勢ぞろい!飲料水として体の中から取り込んだり、水素水パックによって肌の表面から抗酸化成分を取り入れて、夏の美白対策をしてみませんか?


この記事を書いた人

otami
otami
元美容系雑誌の編集者で現在は健康や美容、ファッションなどのwebコンテンツを制作しているスキンケアマニアの28歳、美容ネタを仕入れては実践する日々です。