ビタミンCの美白効果


名称未設定-1_03

子どもの頃は、小麦色に日焼けした肌は健康の象徴でしたよね。しかし、年齢を重ね30代~40代となると、繰り返し紫外線を浴びることにより皮膚細胞へのダメージが積み重なり、色素沈着が残る部分ができてしまいシミとなってしまいます。

美白の要!ビタミンCとビタミンC誘導体ってどう違うの?

ビタミンCにはシミの原因となるメラニン生成を抑制する作用があり、また皮膚の奥にある真皮層でコラーゲンを作ってくれる繊維芽細胞に働いてコラーゲン繊維の生成や構築を助ける作用があります。

しかし、ビタミンCは大変壊れやすく、肌への浸透効果はあまり期待できません。その欠点をカバーするためにビタミンC誘導体が開発され美白化粧品に配合されるようになりました。

ビタミンC誘導体はビタミンCにある4つの水酸基(-OH)のうち1つをまたは複数の水酸基に化合物を付加したものです。

ビタミンC誘導体とすることで安定性が高まり、肌への浸透性もアップさせることができたのです。

多くの化粧品に入っているのはこのビタミンC誘導体です。

 

名称未設定-1_14

ビタミンC誘導体のほとんどは、そのままではビタミンC本来の美白効果を発揮できません。

体内での酵素反応によりビタミンCとなり、ビタミンCとしての効果を発揮します。

シミのもとメラニン色素はどのようにできるの?

紫外線により皮膚の奥にあるメラノサイトという細胞が活性化されます。すると、メラノサイトではチロシナーゼという酵素の働きにより、チロシンというアミノ酸の1種をシミのもとであるメラニンへ変化させていきます。

メラノサイトで作られたメラニンは、徐々に皮膚の表面へ押し上げられ、最後は肌の生まれ変わり(ターンオーバー)と共に角質層となって皮膚の表面から剥がれ落ちるのです。

しかし、紫外線を浴び続けていると、メラニン色素が作り続けられ色素が沈着し、シミとなってしまうのですね。

ビタミンCの効果

ビタミンCは紫外線の影響により発生する活性酸素を取り除くことでメラニン生成を抑制し美白効果を発揮ます。さらに、メラニン色素還元作用によりシミを薄くしてくれるのです。

活性酸素除去作用とは?

活性酸素とは、体内に細菌が入ってきたときなどにその細菌をやっつけてくれる体を守る作用もあるのですが、過剰にあると健康な細胞も攻撃してしまうものなのです。

私たちの細胞の中では過剰な活性酸素をすぐ無害な物質に変える抗酸化物質が多く存在します。その抗酸化物質の1つがビタミンCなのです。

紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生し、その活性酸素から皮膚細胞を守るためにメラニン色素が生成されているのです。

ビタミンCの活性酸素除去作用によって、メラニン色素の発生を抑え美白効果が期待できます。

メラニン色素還元作用とは?

ビタミンCはアミノ酸の1種であるチロシンからメラニンを生成する反応において、メラニンを生じる途中段階のドーパキノンを還元してドーパに戻す作用と、濃色の酸化メラニンを還元して淡色の還元型メラニンにする2つの還元作用があります。

このような還元作用によって、メラニンの生成を抑制してくれるのです。

化粧品として直接肌に塗るのとサプリメントとして飲むのと、どちらが効果的?

サプリメントと化粧品どちらがより効果的に美白につながるのでしょうか?

マウスを用いた実験で次のような報告がでています。

名称未設定-1_10

マウスがビタミンCの入った水を飲んで、そのビタミンCがどれくらいの速さで皮膚に移行するかを時間と共に調べたものです。

その結果、皮膚中のビタミンC濃度は6時間後にピークに達し、その後は次第に減少しました。

マウスでの実験なので人でも同じかどうかは断言できませんが、マウスで口から飲んだビタミンCが皮膚まで移行したという結果は出ています。

人の体内では様々な臓器でビタミンCが必要とされているので、実際に皮膚にまでどれくらい移行するかは個人差も大きく出るかもしれませんね。

皮膚に直接塗ったビタミンCはどの程度、皮膚の内側まで入っていくのでしょうか?

これも、それぞれのビタミンC誘導体の種類によって、肌への浸透性は異なり、また美白化粧品に配合されている他の成分や基材の効果も影響するので化粧品により大きく異なるというのが事実です。

このように、皮膚においてビタミンCの内服と外用による効果の違いははっきりと分かっていません。より効果的な美白効果を期待する方は、両方を併用することをお勧めします。

まとめ

ビタミンCは子どもからお年寄りまでみんなによく知られているビタミンですね。

1919年にイギリスのドラモンドが壊血病を防ぐ栄養素としてビタミンCと命名してから現在に至るまで長い間研究が重ねられてきました。

このように古くから研究がされてきているビタミンCですが、まだまだ解明されていないことも多くビタミンCの研究は終わりません。

そんな多岐にわたるビタミンC研究の成果の1つとして、現在ビタミンCによる美白効果を多くの女性が実感しているのかもしれませんね。


この記事を書いた人

桃紅(TOKO)
桃紅(TOKO)

薬剤師の資格を持ち、医療現場での勤務経験を踏まえて、健康、医療、美容、ライフスタイルについての情報を発信しています。 3人の子どものママとしての生活も大切にしながら、毎日の小さな幸せを見つけていきたいと日々暮らしています。 そして多くの人に、小さな幸せを文章として届けることができればと願っています。