食べてシミを消す!? 朝食からディナーまでの、美白極ウマレシピ5選!


gum11_ph03033-s_01

シミ対策の化粧品にいくらお金をかけても効果が実感できないのは、実はその食生活のせいかも!? 食べないor野菜ばかりのダイエットをしている人、逆にお肉ばかりの人、食にあまり関心のない人に試してもらいたい、美白レシピをまる一日分5選。

朝ごはん編

体の中から紫外線対策! ニンジンスムージー

シミを消したいあなたのための、朝の優秀な一杯。ニンジンに含まれるβカロテンにはメラニンの発生を抑える作用アリ。豆乳に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンによく似た構造を持っていて、ホルモンバランスを整えて女性らしい体形を維持する効果も。

gum11_ph03033-s_04

材料
  1. にんじん 半分
  2. バナナ 半分
  3. りんご 半分
  4. 豆乳 200cc
  5. レモン汁 少々
作り方

バナナ以外は皮がついたままの状態でざく切りにし、ミキサーで混ぜるだけ!

ランチ編

食物繊維たっぷり! ひじきサラダサンド

便秘はお肌の大敵。どんなに基礎化粧品にお金をかけても、便秘なだけで効果は得にくくなります。消したいシミも消えるわけがありません。また、鉄分はターンオーバーに深くかかわるミネラル分。貧血予防だけでなく、美肌のためにも必要な栄養素です。そこで鉄分を含み、食物繊維たっぷりのひじきを使ったサラダサンドをランチに投入。ドリンクを豆乳にすればさらに美肌効果UPです。

gum11_ph03033-s_04

材料(2人分)
  1. 生ひじき 1パック
  2. ツナ 1缶
  3. 食パン(8枚切) 4枚
  4. きゅうり 2本
  5. スライスチーズ 2枚
  6. マヨネーズ、塩、コショウ 適量
作り方
  1. 生ひじきはさっと水で洗う。きゅうりは薄くスライスしておく。
  2. ツナ缶とひじきを軽くあええてから、マヨネーズ、塩、コショウで味をととのえる。
  3. すべての食パンに2を塗り、間にきゅうりとチーズを挟みこむ。

おやつ編

レモンde美肌ゼリー

言わずと知れたビタミンCの王さま「レモン」。新陳代謝を促し、ターンオーバーを正常にすることで、シミを消す効果が期待できます。コラーゲン成分のゼラチンをプラスしたゼリーにすることで、張りのあるお肌に! 砂糖の代わりにオリゴ糖を使うことによって、おなかの調子を整え、カロリーも砂糖の役3分の1に抑えられます。

gum11_ph03033-s_04

材料(ココット 6個分)
  1. サイダー(砂糖不使用) 400cc
  2. レモン汁(市販のすでに絞ってあるものでもOK) 50cc
  3. 粉ゼラチン 5g
  4. オリゴ糖シロップ 大さじ4
作り方
  1. サイダーは常温に戻しておく。
  2. レモンは絞っておく。絞って50CCに足りなかった分はサイダーを足して。
  3. レモン汁を600wで40秒、電子レンジで加熱。粉ゼラチンを入れてよく溶かす。
  4. 3とサイダー400CC、オリゴ糖シロップを合わせてよく混ぜ、ココットに入れる。
  5. 粗熱があとれたら冷蔵庫に入れ、固まったら完成。

ディナー編

シミを撃退! トロトロコラーゲンカレー

コラーゲンがシミ対策にも重要な役割を持っていることを知っていますか? コラーゲンは肌の底部にある基底膜という部分も構成していて、この基底膜がコラーゲン不足でガタガタになると、新しい細胞が正常に作り出せず、ターンオーバーに異常が出てしまいます。できてしまったシミを消すために、最も重要なことはターンオーバーによってはがれ落ちること。圧力鍋で簡単にできる牛スジのコラーゲンたっぷりカレーで、シミを撃退しちゃいましょう。

gum11_ph03033-s_04

材料(2人分)
  1. 牛スジ 200g
  2. 牛肉カレー用 100g
  3. にんじん 1本
  4. じゃがいも 中2個
  5. たまねぎ 大1個
  6. 好みのカレールー 6皿分くらい
  7. ネギの青い部分(あれば)
  8. しょうが 2切れ(皮でも可)
  9. ローリエ
作り方
  1. 牛スジの下ゆでをする。お湯が沸騰したら牛スジ・ネギの青い部分・しょうがを入れ、沸騰したら1分ほど待ち、ざるに上げる。
  2. 圧力鍋を使うので野菜は大きめに切る。にんじんは大きめの一口大に乱切り。じゃがいもは4分の1、玉ねぎは8分の1にくし形切り。
  3. カレー用の牛肉は油をひいたフライパンで焼き目がつくくらい炒めておく。
  4. 圧力鍋に1、2、3を入れ、ひたひたより少し少ないくらいまで水を入れる。火にかけて沸騰させ、アクを取る。一度火を止めて、ローリエを加え、蓋をして再び火にかける。圧がかかった状態で20分。(※じゃがいもが崩れるのが嫌なときは、圧力鍋には入れず、電子レンジで加熱するか別茹でして、ルーを加える前に入れてもOK。)
  5. 火を止めて圧を抜き、蓋を開ける。水が足りないようなら足して、ルーを入れる。
  6. 再び火にかけて、とろみがついたら出来上がり。

寝る前にはあたたかいルイボスティーを

寝る前には高い抗酸化作用を持ったフラボノイドを多く含む、あたたかいルイボスティーで気持ちを落ちつけながらシミ対策。ルイボスティーはカフェインレスなのでお休み前に飲むにはぴったりの一杯です。

gum11_ph03033-s_04

成長ホルモンが分泌される夜10時~2時の良質の睡眠は、肌のターンオーバーを促し、美しい白い肌を維持するためには、とても大切なことです。


この記事を書いた人

Numata Yuka
Numata Yuka
フリーライター、エディター2児の母。 芸能関係の雑誌編集者として長く現場に立っていたのもあって、美容やファッションのカレントな情報集めが得意です。いま一番気になるスキンケアは保湿。