メラニン生成のメカニズム(シミができる原因とは?)


Fotolia_20878989_XS_03

【そもそもシミの原因「メラニン」はどうしてできてしまうの?】

シミの原因となるメラニン色素は有害な紫外線から体を守るために生成されるもの。ビーチなどで日焼けをしなくても、私たちは日常生活で常に少しずつメラニンを生成しています。そのメラニン生成のメカニズム、そして、メラニン対策について考えてみましょう。

「メラニン色素」ってどうして作られるの?

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

そもそもメラニン色素が生み出されるメカニズムとしては、細胞を破壊する有害な紫外線から人体を守るためです。

肌というのはペラっとした一枚の皮のように想像してしまいがちですが、多重で複雑な構造を持っています。肌は表面から、「表皮」と「真皮」という二層に大きく区分され、さらに表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層と分けられます。

メラニン色素が生み出すのは、表皮の中でも最も深層部にある「基底層」にあるメラノサイト細胞。皮膚が紫外線を受けると、基底層の上にある「有棘層」のケラチノサイト(角化細胞)からメラニン合成の指示がメラノサイト細胞に出されます。

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

その時、メラノサイトの中では何が起こっているのでしょう? メラノサイトの中のチロシナーゼという酸化酵素が活性化し、チロシンというアミノ酸を酸化させ、メラニンを生成します。そして、今度はメラノサイトがケラチノサイトへ合成したメラニンを受け渡します。これがメラニンが生成されるメカニズムです。

メラニン生成は老化現象の原因とも言われる酸化作用のひとつなんですね。そこで、美白には抗酸化作用のあるビタミンCが効果があると言われるわけです。

メラニンの生成を抑えるためには?

メラニンを作らないためには、極端なことを言えば紫外線を浴びないことです。しかし、それでは日常生活はままならないですし、紫外線にはビタミンDを生成する働きもあり、まったくの悪者とも言えません。また、日光浴には、美容にも深くつながる自律神経を整える働きがあります。

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

現実的に考えて、私たちが真っ先にできることはUVケア。ケラチノサイトが紫外線による刺激をキャッチする前に、衣類や日傘、UVケア製品を使用することで守ってあげることです。

また、酸化酵素チロシナーゼを抑える成分の入った化粧品やサプリメントを使用することも考えられます。この成分にはいくつかの種類がありますが、代表的なものに、甘草(かんぞう)に含まれるグラブリジンやルシノールなどがあります。

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

グラブリジンは「油溶性甘草エキス(ゆようせいかんぞうエキス)」という名前のほうが馴染みがあるかもしれません。ルシノールはPOLAが開発した美白成分で、もみの木の一種に含まれる成分を改良したもの。肌の浸透力が高いことが特徴です。

ホルモン異常によって生成されてしまうメラニンもある

近年、「肝斑(かんぱん)」という言葉をよく耳にしますね。目の下、頬骨の上に肝臓のような形で広がるシミのことを言い、30代以降の女性に多く見られる症状です。30歳~54歳の女性のシミのおよそ38%が肝斑と考えられる、という調査結果もあります(2013年、第一三共ヘルスケアしらべ)。

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

肝斑の原因は、女性ホルモンの乱れからメラニンが生成されること。さらに紫外線で悪化すると言われています。なので、ホルモンバランスの乱れがちな30~40歳の女性に多く症状が見られ、閉経をむかえると共に薄くなったり、消えたりする傾向にあります。紫外線対策をしっかりしているのに、頬のあたりに急速にシミが増えてしまったら、その原因はあなたの体の中にあるのかもしれません。

十分な休息と、規則正しい生活、バランスのとれた食生活…あたり前のことがホルモンバランスを整える秘訣です。この「あたり前のこと」が現代の女盛り世代には、最も難しいことなのでしょう。

できてしまったメラニン色素はどうなるの?

夏に真っ黒に日焼けをした子供――その肌はいつまでも黒いままでしょうか? 自分の子供の頃を思い出しても、そうではなかったことがわかりますね。

メラニンは肌がターンオーバーすることによって、一般に言われる「アカ」としてはがれ落ち、肌の色は元に戻ります。このターンオーバーとはどういった現象なのでしょう。

肌は大きく分けて「表皮」と「真皮」に分けられると言いましたが、その表皮の一番底にある「基底層」からケラチノサイトは生まれます。基底層からどんどん生まれる細胞に押し上げられるような形でケラチノサイトは肌表面に上がっていき、最後は細胞核のない角層細胞となってはがれ落ちます。これがターンオーバーです。

健康な肌のターンオーバーの速度は28~56日程度だと言われています。

シミはターンオーバーしないの?

ターンオーバーによって正常に排出されず、その結果メラニン色素が過剰に蓄積されたものが、シミやそばかすの正体です。ターンオーバー異常の原因を取り除いてあげることが、シミ対策の第一歩です。

ターンオーバー異常の原因としては、

1.加齢

2.紫外線の浴び過ぎ

3.肌への過度の刺激

4.ストレス

などが考えられます。

この4つの中で一番対策がしやすいものが「紫外線の浴び過ぎ」。UVケアはメラニンを作らないためにも、できてしまったメラニンを排出するためにも重要だということが言えます。

また、意識低に避けられるものが「肌への過剰の刺激」です。わかりやすい例をあげると、お風呂で使うナイロンタオルで背中をゴシゴシこすることで、背中に斑点のようなシミができてしまう、ということがあります。顔は皮膚が薄いので、できるだけタオルなどでこすったりせず、メイクブラシも肌触りの優しい柔らかい物を選ぶようにしたいですね。

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

まとめ

メラニン生成のメカニズムを理解しても、加齢とストレスに関しては、なかなかピンポイントの対策がとりづらいもの。加齢に対して一番効果的なスキンケアはUV対策と保湿です。

また、抗酸化作用のあるビタミンCを日常的に摂るように心がけることも効果的と言えるでしょう。ストレスは原因を取り除くことが一番でしょうが、現代を生きる女性のストレス原因は複合的で必ずしもひとつには絞れないものです。

ストレスを無くす、と考えるよりは、できるだけ規則正しい生活を心がけ、自分なりのリフレッシュ法を見つけ出すことで、ストレスに負けない体づくりをすることが最善かもしれません。


この記事を書いた人

Numata Yuka
Numata Yuka
フリーライター、エディター2児の母。 芸能関係の雑誌編集者として長く現場に立っていたのもあって、美容やファッションのカレントな情報集めが得意です。いま一番気になるスキンケアは保湿。