手の美白(ハンドケア)白魚のような手をゲット!効果を出す美白ケアとは?


a

手の美白(ハンドケア)

手やボディは顔に比べてケアの効果が出やすい部分ですので、是非継続したお手入れを心掛けてみてください。きっと、白魚のような美しい手をゲットできるはずです!

まずは保湿

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

手の保湿は、しなければならないと分かっていても、日中は億劫になることが多いと思います。常に手を使うから、なるべくサッパリとした状態にしておきたいというのがあるからではないでしょうか。

ハンドクリームは、どんなにベタつかないと謳われているものでも、保湿の機能を持たせているはずですので、べたつきを抑えるのにも限界がありますが、最近はとても高機能なもの、美白成分入りのハンドクリームも豊富ですので、是非活用したいところです。

また、リーズナブルなお値段で優秀な美白美容液やパックなどが充実していますので、そのアイテムを手のケアに使用しましょう。顔用のケア用品を使うのはもったいなく感じるかもしれませんが、一定の効果が出るまでとか、例えば一か月だけ頑張ってみる、というのはいかがでしょうか?

みるみる手が美しくなり、ケアをするのが楽しくなるかもしれません。

薬用キメテホワイトニングナイトクリーム

色々な日焼け止めアイテムをそろえる

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

手の美白を考えるうえで、日焼けも大敵です。日焼け止め効果のあるハンドクリームもありますし、気軽に使えるスプレータイプのものをカバンに用意しておくと便利です。

UVカット効果のあるグローブを忘れても、自転車に乗る前などにシュッとひと吹きすれば簡単に紫外線をブロックできます。

落とし穴として気を付けなければいけないのが、家の中です。日が差し込む明るい窓際でパソコンなどしていませんか?UV-A波は、ガラスを通って家の中に入ってきます。

でも家にいる時に日焼け止めなんて塗りたくない、という時もありますよね。そういう時は日焼け止め効果のある美容オイルをサッと伸ばしましょう。ラズベリーシードオイルは日焼け止め効果が高いオイルとして有名です。

a22ec808b9c97b8e3d124d117f77aa4e_m_01

他にメジャーなところでは、ホホバオイルやエキストラバージンオリーブオイルにも効果があると言われています。化学物質を含まない天然オイルで、栄養を与えながら紫外線もブロックしてくれるのだからうれしいですね。

リンパの流れを良くして老廃物を滞らせない

手にお休みはありません。寝ている時は唯一休んでいるように思えますが、それでも寝ている間に無意識に皮膚を掻いたりして使っています。手は酷使され、意外に疲れているのです。

試しに、親指の付け根部分の少し盛り上がった筋肉の部分を押してみてください。たいていの人は少し痛いとか、凝っている感じを覚えるのではないでしょうか。ハンドマッサージのプロは、必ずこの部分をほぐすようにします。

酷使により筋肉が凝り固まると、リンパの流れが悪くなります。実はこれも、手の美白に関係しているのです。

シミは、皮膚に老廃物がたまることによってできてしまうとも言われています。老廃物をためないためには、適度にマッサージを行い、リンパの流れを良くしてあげることが大切です。

マッサージは、手の平をほぐしたり、指を指先から根元に向かってプッシュしていくなど、簡単な動きでOKです。ハンドクリームや美容オイルを伸ばした後にササッと揉んでやるのもよいですし、お風呂に入って湯船に浸かっている時に手から腕も通ってワキの下まで流します。

最後にワキの下をグッと数回押せば完璧です。ただし、強いマッサージは逆効果ですので、“ゆっくり・優しく”が鉄則です。

薬用キメテホワイトニングナイトクリーム

ナチュラルケアで透明感とうるおいを

食べてもOKなナチュラル&身近なものたちで、手の美白ケアができることをご存じでしょうか?日本で昔から美白の効果があると言われてきた、素晴らしいものがあるのです!それは、米ぬかと酒かすです。

Fotolia_67372133_XS_03

他に、はちみつや塩、ヨーグルト、食べられませんがクレイも手の美白に一役かってくれます。はちみつに荒塩をまぜればうるおいも補給できる優しいスクラブになりますし、クレイにはちみつやヨーグルトを混ぜれば、乾燥するのを防いでくれます。

その組み合わせはあなた次第!混ぜて危険なことはないので、自由にカスタマイズできます。