アロエで美白?日焼けや目元のクマに効果!体の内外から美白するアロエの力がスゴイ!


名称未設定-2

薄付きのファンデーションやナチュラルメイクに憧れるけど、気になるのは隠しきれない目元くすみやクマ。コンシーラーやファンデーションを駆使しても、コスメで本来の素肌の色を変えることはなかなか難しいものです。なぜならそれらのくすみやクマの原因が、肌表面ではなく新陳代謝や血行にあるから。

今回は、家庭で薬としても利用される『医者なかせ』ことアロエの活用方と美白効果をご紹介します。食べてよし塗ってよしのアロエは、体内からも皮膚の表面からも美白や美肌、そして健康を促す大変優秀な植物で、火傷や傷薬としてご家庭に植えられていた方も多いのではないでしょうか。

しかし近年では、アロエ成分を掲げたコスメや美容食品も多く発売されており、傷薬だけではないアロエの底力に注目が集まっています。

美白効果に期待!アロエを食べるとメラニンの活性を抑えられる

名称未設定-1_01

2009年森永乳業が発表した研究によって、アロエシンと呼ばれるアロエの抽出物とヨーグルトのホエイによって、にきび跡や肌の黒ずみに効果があることが発表されました。

これはアロエ抽出物とヨーグルトのホエイによって、しみや黒ずみの原因であるメラニンを生成するチロシナーゼという酵素が抑制されることによる美白効果です。

またアロエに含まれるアロエマンナンやアミノ酸は皮膚の新陳代謝を促す作用があり、古い角質を取り除き新しい肌を生成してくれるため、日焼けしてしまった肌やシミにも効果的です。

そしてもうひとつ、アロエの持つ美容効果に血行促進があります。

名称未設定-1_01

アロエに含まれるアロインという成分は、血液の循環促進作用があり、体内の血行を促進します。

肌は綺麗なのに目の下のクマや顔色の悪さが気になる場合、多くの原因が血行不良にあります。

アロエは、傷や紫外線の外的要因による色素沈着にも、血行による顔色の悪さにも効果を発揮してくれます。

アロエパックでキメの細かい美白肌をつくる

アロエパックの作り方

1.アロエ2〜3本をよく洗い、皮をむいてペースト状にする。

2.きれいな布でこし、大さじ一杯ほどのこし汁にレモン汁少々と小麦粉大さじ2杯を入れてよく混ぜる。

3.顔に塗り、10分ほど放置する。

 

アロエパックで期待される効果は、殺菌作用による肌荒れの改善とシミ予防、保湿力が挙げられます。

アロエに含まれるアロエチンという成分は高い殺菌力や解毒作用があるため、パックにすることでニキビ予防や、化膿してしまったニキビを改善します。またこのアロエチンには、メラニン色素の沈着を防ぐ美白効果もあり、シミやソバカスの予防にも効果的です。

そしてアロエにはアストリンゼント効果と呼ばれる肌の収れん作用があり、毛穴をキュっと引き締め皮脂の分泌を防ぐほか、コラーゲン成分や高い保湿力によって乾燥による小ジワを防いでくれます。

《まとめ》

美白効果や美容効果、そして健康作用など、書ききれないほど沢山の効能を有するアロエ。『医者いらず』と呼ばれ、傷や整腸作用の効果が有名なアロエですが、これからの季節に心強い美白効果も高いのです。

体内からも肌の表面からもメラニンの生成を抑えてくれ、血行不良によるクマやくすみを改善してくれるほか、新陳代謝を促しキレイな肌を作ってくれる。

これだけ多くのアロエ関連のコスメや薬が多い理由も頷けます。日差しの強まるこの季節、紫外線を浴びすぎた夜に試してみてはいかがでしょうか。