アセロラで美白?ニキビ跡が消えるアセロラの美白パワーが効果的なワケ


名称未設定-1_03

実物は見たことないけれど、アセロラドリンクやアセロラ化粧水などの美容製品としてちまたに出回るアセロラ。こんなに色々な商品になるくらいだから美容効果が高いのかな??ということで、今回はアレロラの美白効果について調べてみました。

スキンケアや美容飲料になるだけあって、その力はやはりすごかった!アセロラに含まれるアセロラポリフェノールはメラニンの生成を抑えて日焼けやシミを防いでくれるうえ、ビタミンCは大量に含まれていて体の中から外から美白効果を実感できるスバラシイ果物なのです。

今日はそんな優秀な果物アセロラを徹底解剖して、これからの美白生活に上手に取り入れていきましょう!

アセロラとは

名称未設定-1_10

アセロラは、キントラノオ科ヒイラギトラノオ属の果物で原産地はに西インド諸島、1958年に日本の沖縄に導入され、日本での生産が始まりました。

主に5〜8月にかけて収穫され、現在は沖縄のみで生産されています。

アセロラドリンクの登場で広く知られるようになったアセロラですが、現在ではジャムやゼリー、サプリや化粧品などにも幅広く利用されています。皮が薄く傷みやすいため生の状態で市場に出回ることは少なく、冷蔵保存でも2〜3日しか持たず保存は冷凍庫がオススメです。

アセロラの効能は健康面でも期待されており、風邪予防やガン予防、またナトリウムを排出してくれるカリウムの含有量が多いことから、貧血や高血圧、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの予防にも効果的です。

アセロラの美白パワー

アセロラドリンクやアセロラ化粧水などに効果が期待されているアセロラの美白効果。その理由は、アセロラに含まれるアセロラポリフェノール(アントシアニン/ケルセチン)と、豊富に含まれるビタミンCにあります。

アセロラポリフェノール

アセロラに含まれるポリフェノールは2種類、アントシアニンとケルセチンがあります。

アントシアニンとは、アセロラやブルーベリーなどに多く含まれる色素が糖と結合したもので、高い抗酸化作用があります。日焼けや肌の色素沈着は、紫外線や傷などで損傷を受けた細胞が外的損傷から細胞を守るため活性酸素を排出し、メラニンを排出することで発生します。

アントシアニンはこの活性酸素の排出を抑え、メラニンの生成を元から断ち、日焼けやシミ、そばかすやニキビ跡の発生を防ぐ美白効果があります。

またアントシアニンには、肌のもとになるコラーゲンの安定化や合成を促す作用があるため、新陳代謝を促進し、損傷を受けてないきれいな肌を作り出してくれます。

ケルセチンとビタミンC

ケルセチンにもまた、アントシアニンと同じような高い抗酸化作用があります。そのため細胞の内側からメラニンの生成を抑え、美白作用を促してくれるのですが、ケルセチンの美白作用はそれだけではありません。ケルセチンには、ビタミンCの吸収を助ける作用があります。

アセロラには、他の果物に比べて多くのビタミンCを含んでいます。このビタミンCには、高い抗酸化作用・コラーゲンの生成を促進するなど多くの美肌作用がありますが、注目すべきはビタミンCのもつメラニンの還元作用。

メラニン色素が肌の表面に黒ずんで現れる理由は、活性酸素により生成されたメラニンが、ドーパ、ドーパキノン、メラニンと変化するにつれて黒さを増しているため起こります。

ビタミンCは、このメラニンが変化する過程でのドーパキノンをドーパに還元させる作用があるため、濃くなってしまった酸化型のメラニンを薄い色に還元させてくれるのです。

このように高い美白効果をもつビタミンCの吸収をケルセチンが促進し、さらに効率的に美白効果を肌に届けてくれるのです。

アセロラを効果的に取り入れて美白肌になる!

高い抗酸化作用やメラニンの還元作用など、美白や美肌作りに大変効果的なアセロラ。アセロラジュースやアセロラ成分配合の基礎化粧品などがありますが、体の中からも外からも取り入れたいところです。

しかし保存可能期間が短い上に生鮮食品としての流通がとても少ないアセロラ。そこでぜひ利用したいのが、今ではドラッグストアやコンビニでもお手軽に手に入るアセロラジュースです。

手に入りやすいのはもちろん、体内への吸収が効率的に行われるように加工してあるほか、本来ならとても酸味が強いところを口当たり滑らかにしてあるので大変飲みやすくなっています。

しかし多くの砂糖が含まれていたり、加工の過程で美白有効成分が損なわれていることもあるので、成分表示とカロリー表示にはしっかりと注意して選びたいところです。

また、基礎化粧品に加工されたアセロラの美白成分ビタミンCの多くは、もともとビタミンCの構造が大変壊れやすく不安定であることから、ビタミンC誘導体に変化させ肌への吸収や美容作用を最大限に発揮できるよう加工されています。

まとめ

ホンモノは見たことないけど、美白や美容でよく登場するアセロラ。いろいろな商品になるのも、アセロラのもつポリフェノールとビタミンCの美白効果を見れば納得です。

肌の内側からメラニンの生成を抑えるほか、できてしまったメラニン色素を薄くしてくれるアセロラを、身体の中から外から取り入れてこの夏の紫外線を乗り越えましょう!


この記事を書いた人

otami
otami
元美容系雑誌の編集者で現在は健康や美容、ファッションなどのwebコンテンツを制作しているスキンケアマニアの28歳、美容ネタを仕入れては実践する日々です。